リボンで巻きバラ

サテンのリボンでバラを作りました。

サテンのリボンには、片面サテンと両面サテンがあります。今回は出来上がったバラを使ってコサージュを作りたいので両面サテンのリボンで作りました。

<材料>

・両面サテンのリボン(ゴールド)

・縫い針と糸

・ライター

材料は4つだけです。

<作り方>

1.リボンの両端をライターであぶり、ほつれ無いように処理します。

2.リボンを三角に重ねております。

角から対角線の長さが6㎝になるところで手前に折り曲げて、交差したところを小さく一針縫いします。

3.角からくるくると一針縫ったところまで巻きます。花芯がほどけ無いように縫います。

4.リボンを奥側に折り曲げて縫い、花びらを作ります。

5.「折っては縫う」を繰り返し花びらを9枚ほど作り、花芯に巻いて形を整えます。

6.花びらがほどけないように縫い付け、リボンの端を表から見えないように縫い付けたら完成です。

完成

このりぼんで作った巻きバラを使ってコサージュを作りました。

コサージュの作り方はリンクからをどうぞ。

コサージュ

リボンでお花を作れるようになると、お花を使って何かを作りたくなるものです。鞄に付けたり、ヘアゴムに付けたりというのも可愛いと思います。

今回は発表会や、おめでたい席で華やかな演出ができるコサージュを作りました。

パーツさえあれば、アッという間に作れます。

<材料>

・バラ(ゴールド2、ホワイト1)

・オーガンジーリボン(4.5㎝×30㎝)

・パール(5㎜玉×10個)

・ワイヤー 10㎝

・フェルト 直径4.5㎝の円×2枚

・ブローチピン

・グルーガン

・手芸用ボンド(木工用ボンド)

巻きバラの作り方はこちらのページをどうぞ。

<作り方>

1.オーガンジーリボンをコの字に縫い、絞ってフリルパーツを作ります。

2.ワイヤーにパールを通し、フェルトに刺し裏でねじり止めます。

3.一度パーツをのせてデザインの確認をします。

4.のせる順番が決まったら、パーツにグルーを付け順番にパールのを付けたフェルトに張り付けていきます。

順番:パール→フリル→バラゴールド→バラホワイト

5.グルーが固まるのを待つ間に、もう一枚のフェルトにブローチピンを付けます。

ピンを付けたい位置に、ピンをのせ印をつけます。印をつけたところを切りピンをとおします。

ボンドを付けて張り付けます。
裏返すときれいにピンだけ出ています。

6.先ほど作ったコサージュの裏側にボンドで張り付けて完成です。グルーで付けると端の方をきれいに張り付けるのが少し難しいので、ボンドで付けるのがお勧めです。

完成!