梅のかみかざり

今回は小さな梅の髪飾りを作ってみました。

短時間で作れるので「ひなまつり」等、少し和の気分を味わいたいときにおすすめです。

最近では100円ショップでも「ちりめん風生地」を買うことができます。

花の大きさが2.5㎝なので、7㎝×7㎝の布があれば作れます。

<作り方の動画>

<材料>

・布(ちりめん・リップルなど)

・フェルト

・ビーズ

・綿

・Uピン

・糸

・キリ(毛糸止めの針など)

・ボンド

<作り方>

1.布を6.5㎝の円に切ります。

2.花びらを作るために印をつけます。梅の花びらは5枚なので5等分にします。

3.布のふちをぐるりと1周縫い綿を詰めます。

4.花の裏側から中心に針を通します。花びらのしるしの上を糸が通るように指で押さえながら裏から花の中心に針を刺します。軽く引っ張って形を作っていきます。これを繰り返し花びらを作ります。

5.花の中心にビーズを付けます。

6.1.5㎝の円に切ったフェルトにUピンを通すための穴を開けます。

7.フェルトにUピンを通して外れないように縫い付けます。

8.フェルト部分にボンドを塗り花の裏側に張り付けます。

9.ボンドが乾いたら完成です!

リボンでお花

リボン30cmとビーズ、針と糸があれば可愛いお花が作れます。

リボンの色や種類、ビーズの色や種類を変えたりすると、可愛い花からシックな花まで色々な種類のお花が作れます。

<作り方>

リボンは、ほつれ無いように端処理をしています。画像では分かりやすく水色の糸を使っていますが、リボンに合わせた色を使うほうが良いと思います。

1.リボンを半分に折りコの字型に波縫いします。

2.縫い終わりを結ばす絞ります。リボンの端を少し重ねて縫い始めの場所に一針刺します。

3.裏側のひだの山をぐるりと縫い玉止めをします。

表から糸は見えません。

4.そのまま裏側の中心当たりから刺してビーズを通し中心に付けます。

5.出来上がりです。

リボンの端処理

リボンで何か作ろうとしたとき、はさみで切った端がそのままだとほつれてしまいます。

ほつれ無いようにする方法は、ほつれ止めの液を使う方法やライターであぶる方法があります。

ほつれ止め液は、色んなリボンで使えると思います。ただリボンによっては液染みが出来てしまったりする場合もあります。

サテンのリボンなどのポリエステルやナイロン製のリボンの場合はライターで炙るときれいに処理できます。

切りっぱなし
ほつれてきた…
ライターで炙るときれい