桜の吊り飾り

桜の季節なのでお部屋の中にも飾りたいなと思い吊り飾りを作りました。

タディングレースのと花と蝶々をパールコードに丸カンで付けました。パールコードがくるくると波打っていたので可愛く動きが出ました。

桜のモチーフ

さて4月です。

4月といえば桜の季節。

ということで、桜のモチーフをタディングレースで作りました。

色々な方の作品を見て試行錯誤してたどり着いたのが、細いレース糸で編んだ4㎝の桜のモチーフです。

2つ作ったのでイヤリングにする予定です。

リボンで巻きバラ

サテンのリボンでバラを作りました。

サテンのリボンには、片面サテンと両面サテンがあります。今回は出来上がったバラを使ってコサージュを作りたいので両面サテンのリボンで作りました。

<材料>

・両面サテンのリボン(ゴールド)

・縫い針と糸

・ライター

材料は4つだけです。

<作り方>

1.リボンの両端をライターであぶり、ほつれ無いように処理します。

2.リボンを三角に重ねております。

角から対角線の長さが6㎝になるところで手前に折り曲げて、交差したところを小さく一針縫いします。

3.角からくるくると一針縫ったところまで巻きます。花芯がほどけ無いように縫います。

4.リボンを奥側に折り曲げて縫い、花びらを作ります。

5.「折っては縫う」を繰り返し花びらを9枚ほど作り、花芯に巻いて形を整えます。

6.花びらがほどけないように縫い付け、リボンの端を表から見えないように縫い付けたら完成です。

完成

このりぼんで作った巻きバラを使ってコサージュを作りました。

コサージュの作り方はリンクからをどうぞ。